時間を混ぜて辛いサザエさん症候群を解消!




日曜の午後が嫌い!

日曜の午後になると憂鬱になります。
すこしでも楽になりたくて日曜日のお昼時からアルコールを飲みます。昼寝して夜中まで飲み続けます。

そんな私が「時間を混ぜる」ことで憂鬱な気分の波を減らせましたので紹介します。

サザエさん症候群とは?

日曜日に憂鬱になる状態は一般的には「サザエさん症候群」と呼ばれるものです。
日曜夕方のTV番組「サザエさん」が始まる時間になると月曜を想像して憂鬱になるのです。

私の場合は会社の人間関係が嫌なことが原因です。会社の人と話す事もお客様と話すのも高いストレスレベルになるからです。

週末は気分が非常に分かりやすく上下変化します。

金曜日の夕方に会社を出ると足取りが軽く寝るまで気分良く過ごします。
土曜日の朝も健やかでウォーキングに出かけます。
土曜日の午後から段々と気分は下がってきて土曜の夜には不安感が増してきます。
日曜の朝は既にサザエさん症候群が少し始まります。

サラリーマンの人間関係でしんどいことがありストレスが来週も続くと予想して日曜の朝から気分が下がります。

時間を混ぜてサザエさん症候群を減らす実験してみた

何かできないかなと考えてみました。

考えついたのが「時間を混ぜる」実験をすることです。簡単に言うとサラリーマン業務と個人タスクを混ぜるということです。

サザエさん症候群になると推定した原因

土日に完全にサラリーマンタスクをシャットオフするので平日と週末にギャップが発生すると推定しました。

実験の内容は「土日も夜もリーマン業務&平日の昼間にも個人タスク」

実行したことは、サラリーマンと個人活動のタスクを場所や時間を選ばずに実施する事です。サラリーマンの時間だからとか、プライベートの時間だからと分けないということです。

【個人の時間にサラリーマン】
① 土日も9時にメールチェック
② 12時から返信
③ 2時間ごとにメールチェック、20時まで
④ すぐに返せる内容は待たずにすぐ返信や対応
⑤ クラウドにファイルを保存して整理も完了

【平日も昼間も個人業務】
① 土日や夜まで個人業務を待たない
② できるだけ早いタイミングで済ませるには?と考える
③ メールチェックはサラリーマン中も行う
④ SNSもサラリーマン中に行う。間隔は1時間以上空ける。

まとめ

今回のご紹介したことは

①サザエさん症候群を解決するために、サラリーマン業務と個人業務を混ぜてしまう。
②結果として脳が週末を意識することがなくなり不安の波が減る。

この実験は週末はストレス解消のために仕事を忘れて休むべきという発想の逆です。

私の場合は週末に毎回大きな波が来る状態は無くなりました。

不安感が大きいあなたは、不安感の波の大きさを減らし軽い不安状態を保つことで落ち着きが増えますのでぜひ試してみてください。

あなたの不安感を減少させるキッカケになると嬉しいです。