決断できないときはコレ【ストップウォッチ】を使う!




決断を早くすればするほど不安感が減ります!
迷ったら、ストップウォッチで決めてしまいます。

どんな迷いを決断するときに使う?

軽い決断に効果的です。
今日のお昼はラーメンを食べるか否かなど、簡単だけど迷うことって有りますよね?
ダイエットも大事だけど今日はガッツリ食べたいと迷います。
小さな決断でも脳は疲れを感じて脳はストレスを感じます。
心理学的には、「判断までに時間がかかるひとほど不安を抱きやすい」ことが実験で証明されています。
お昼ごはんを健康的にするかどうかなどの小さな迷いは、不安感に特に影響を与えていないように感じますが、小さく脳に疲労を蓄積して行きます。
なので小さな決断はさっとストップウォッチで決めちゃいましょう!

ストップウォッチで決断する方法は?

ストップウォッチを用意してください。スマホのストップウォッチでも時計でもなんでもオッケーです。
では、ストップウオッチでYes、NOを決めたいと思います。
小数点二桁目、百分の1秒の桁、一番小さい桁を使います。ラッキーセブンの有る奇数をYesと設定します。
例えば、ラーメンを食べるか?ヘルシーな野菜定食を食べるかです。
奇数はラーメン、偶数は野菜定食。
ストップウォッチをスタート!そして数秒後にストップ!
一番小さい桁が奇数ならラーメンを食べましょう!偶数なら健康的に野菜定食です。
結果はラーメンでした(喜)
ストップウォッチでゲームのように決断してしまうと、あなたも決断の素早い人になれます。
結果として、脳のストレスを減らすことができて不安感が減らせます!

ストップウォッチの結果に従いたくなければ?

もしストップウォッチの結果にどうしても従いたくないと感じたらどうしましょう。
迷わず従わずに反対のことをしてください(笑)
従いたくないなら、反対が本当のやりたい事なのです。
大事なことは、どちらでも良いので早く決めてしまうことです。

おわりに

小さな迷いは、運を天に任せて決めてしまいましょう!
そして、大きな決断のための活動に脳や思考の時間を使いましょう。
これにより脳のストレスが減り人生が楽しくなります。
サイコロでもコインでも同様のことはできるのですが、このストップウォッチを使う効果は、脳に時間を強く意識させるシグナルを送る効果が有るからです。