はらいた日記 未分類

大腸を切ってしまった方が安心かと迷いが出た(2:52 a.m.)

20170310(金)

2:52
小便で起きる
毎日、夜中に小便で何度も起きる
だいたい1〜2時間ごとに、そして3時くらいからは眠り直せない
22時頃眠りに入り、23時や24時に起き、1時や2時に再び起き、3時くらいに起きると寝直せない
コレは点滴の影響、トイレが近くなる、看護師さんに相談したら、そういう事もあると言っていた
1日24時間点滴だからねえ

今日からエレンタールを開始してくれる
手術は今回は見合わせると昨日伝えたから
点滴はそれに合わせて減らしていくと言っていた
計画は
金曜日:エレンタールx1
土曜日:エレンタールx2
日曜日:エレンタールx3
月曜日:流動食
火曜日以降は様子を見て三分食、五分食と食事の消化度合いのレベルを上げていく
五分食ぐらいで退院と言われた

そして怖い事も言われた
もし食事をしていって痛みが出たら大腸の狭窄部を二箇所20cmを摘出する手術をすると言われた
俺が拒否した手術を
やはりドクターは手術をしてから俺を帰したいようだ
食事を止めている今が、炎症が引いている今が、手術のチャンスだとドクターは言っている
しかし、体重が10キロも落ちていて、肌はカサカサでホントに良い状態では無い
でも同じか、次回炎症を起こして大腸の手術をする事になっても、炎症部を先ず鎮めなければならないから
その時も、痛みと食事不十分から体重は落ちているから

昨日の朝に先生に手術をしないと伝えた
そして夕方に発生した左下腹部のチクリンチクリンという痛み
それを感じた時に、大腸を切ってしまった方が安心かと迷いが出た

大腸の経緯についてパソコン内の昔のメモや資料を整理整頓していて
2011年に既に吻合部の狭窄部が見つかっているメモがあった、北里病院での定期受診時の
その結果、慶應病院で精密検査を受けるように紹介されていた
その精密検査でクローン疑いが晴れていた
二箇所とも5年前から狭窄はあるのだ
チクリと痛んだり、詰まりそうと感じるのは、何時も左下腹部の狭窄だった
吻合部の狭窄について、自分の意識の中には残っていなかったので、おへその辺りが痛んでも狭窄とは判断していなかった
今も両方狭いんだけど、何故か左下腹部だけが痛む、
今回の激痛の臍の下あたりの、体の中心にある吻合部はバリウムが通らないほど狭いけど、痛みは起きない
しかし、今回の、ここ数ヶ月の結果を見ると、この接合部の痛みは、食事で何度も炎症が再び酷くなっている
抗菌薬を飲んで軽くなり、不十分にな状態で止めて再度痛くなっている
今は炎症が引いたので痛くはないが、何故左下腹部がチクチクするのか?中心部もチクチクしていいはずなのに

3:55
泥便
お腹がグルグル言ってたのでトイレに来てみたら出た
しかし、注腸検査以降にトイレの頻度が高い
検査直後は詰まらないように大量の水を飲んだから当然だけど
その後も水分摂取は減ったけど、便の回数は多い

6:21
眠れた
しかし、、、今も小便が溜まった感覚で起きた
最大連続2時間くらいしか寝ていなくて
身体が重い状態で小便にく必要があり
コレが辛いな
だからか再び眠るのも嫌になるのだろう

7:30
今日は採血、二日に一回やってる感じだな
炎症値は出ないはず
昨日の左下腹部のチクリンチクリンの影響が無ければ

9:19
EDMを聞けるようになった
腹痛がひどい時は、辛くて聞けなかった
お陰で、病室で周りの音を気にせずにPC作業ができるようになった

10:19
抗菌剤(抗生物質)は今日から止めているとドクターから聞いた
ここで再燃するかだな
これまで、セフェム系を5日飲んだ後に一回再燃、クラビットはいまいち効かず、北里入院でセフェム系の点滴を5日間後して二回目の再燃
今回はペニシリン系(ゾシン静注)を14日間の投与後である、
今回は血液の炎症値CRP値が月曜日(4日前) に基準内に入ってからも投与を続けていたので流石に再燃しないと信じる
今後の旅行などを考えると、抗生物質を携行し、痛みが出たら抗生物質を飲み、痛みが消えてから一週間程度は継続して薬を飲み続ければよいと理解

退院時に抗菌剤を海外出張用に2~3週間分もらえないか頼もう、出張は一ヶ月程度が多いという説明をして、痛くなった場合には帰国まで飲んで病院に来ると伝えよう
もし駄目だと言われたら個人輸入代行で買うかな

11:47
密閉型のヘッドホンをアマゾンで注文した、アイフォンのイヤホンより外部の音が聞こえないことを期待して、少しでも病室で快適に過ごすため、ストレスを減らす為に
届け先は慶應病院の病棟とした

12:36
禁食は終了
エレンタール300mlからスタート
慎重だなあ、ほんとに
今日は300ml、明日は600ml、明後日は900ml
四日後に流動食になるかそうだ
慎重だなあ

13:10
エレンタールは味なしで飲み
チョコや飴を食べて口は直したんだけど
なんだか気持ち悪い
胃にエレンタールがあると気持ち悪いのかも

14:03
泥便がごく微量

まだエレンタールの気持ち悪さが残っている、1時間以上も経ったのに
胃はエレンタールを求めてないから、異物としてみているから気持ちが悪いんだろうな

17:44
食事は持ってきてくれないけど、食事の前の時間に温かい麦茶は持ってきてくれる
このお茶と一緒に、甘いチョコレートを食べるのが楽しみになっている
毎日、三回やっている
お茶を飲み終わった頃に、周りの人達には食事が配られる
他人が食べる音が苦手なので俺は外へ出る

慶應義塾大学病院の院内コンビニであるナチュラルローソンは素晴らしすぎる
24時間開いているから、夜に寝られなくても何かを買いにいける、チョコとか飴とか雑誌とか
真夜中に眠れなくて一度訪問した、開いているという安心感が素晴らしい
北里病院では17時ぐらいに販売センターは閉まり、後は自販機のジュースしか買うことが出来ない
点滴が体に付いていなくても警備員が夜間通路に居るから外にもいけない
気分的には夜中にまいった思い出がある、寝付けなかった時にやることがなくて
ナチュロで働いている人は大変だと思う、病院なのでずっとマスクしているから苦しいだろうし、病気をもらうのも怖いだろうな

19:26
泥便、微量ではなく少量
チョコをたくさん食べてるからかな?

-はらいた日記, 未分類

© 2020 はらいたあおむし