【ドラマ】グッド・ドクター【第10話】(最終回)臓器提供を決めるまでの覚悟!湊先生はそのとき!?

2019年10月5日




グッド・ドクター、最終回です!

伊代ちゃんが救われるのか?

湊先生の決断は?

気になる内容をご紹介します。

入院患者の視点での感想も書いてます。

 

見逃した方は最新話が始まる時刻まで前回を見逃し放送TVerで無料で観れますよ→こちら

ドラマ・グッドドクターの基本情報

タイトル:グッド・ドクター

チャンネル:フジテレビ

時間:毎週木曜の夜10時

公式ページはこちら

グッド・ドクター第10話のあらすじ(ネタバレ含む)

伊代ちゃんを助けるために一丸となって!

小児外科医の必要な理由がわかる話です。

東郷記念病院は小児外科の廃止へと向かっていた。だが、新堂湊(山﨑賢人)はステージ4のガンで倒れた司賀明(柄本明)を病室で付き添っている。これまでずっと支えてきてくれた司賀の病状を初めて知り、湊はショックを隠せない。

その時、湊に森下伊代(松風理咲)の急変を知らせる連絡が入る。司賀に今心配すべきなのは自分ではなく子どもたちだ、と促された湊は伊代の病室へ急ぐ。

瀬戸夏美(上野樹里)ら小児外科医を集めた高山誠司(藤木直人)は伊代が肝硬変も患っていると話す。そして、放置すれば肝不全になるため、すぐにでも肝臓の移植手術が必要だと続けた。

しかし、伊代は小腸の移植も予定されている。高山は肝臓と小腸の同時移植以外に伊代を助ける方法はないと告げるも、小腸と肝臓の同時移植は国内で実施された例は少なく、高山ですら行ったことがない。そこにER(救急救命室)から川で溺れた少女、吉本美咲(古川凛)が心肺停止状態で運び込まれたと連絡が入る…。

引用:公式サイト

グッド・ドクター第10話の感想

入院患者経験の視点からの感想です。ドラマを入院中に観ていたらどう感じるかという視点で書きました。

 

川で溺れた溺れた女の子、美咲ちゃん、病院で脳死がはっきりして一週間後には心停止になることがほぼ確実。

夏美先生「病気を治してあげられないなら何ができるのか?」

病気を治せない、脳死状態で死んでいくのを待つしか無い。
夏美繊細は美咲ちゃんの両親に伝える。脳死のことを。

両親は当然ですが納得出来ないんです。臓器提供についての選択肢を説明するとお母さんは夏美先生の担当を変えて欲しいと申し出る。担当は湊先生に。

湊先生は美咲ちゃんに他の子供と同じように話しかけてプレゼントをあげます。

 

私の入院していた現実の病院では、夏美先生や湊先生のように丁寧すぎることをして患者を診ていると廻らない気はします。

ザックリと次から次へと診ていくなあ・・・・と私は感じていました。

病気でつらい状態だと被害妄想的になっているのでより酷く感じていたとは思いますが、患者のひとりひとりをモノ的に診ているなあと感じていました。外科の先生はゆっくり話すわけでもなく、どんどんと処理していっていましたね。

このドラマのようなお医者さんを期待し勘違いして病院に入院するとギャップを感じてしまいそうです。

 

さて、美咲ちゃんの両親は臓器移植を受け入れました。美咲ちゃんが誰かの中で生きて行くことを選んだのです。離れ離れでもいいから一部分でも生きていることを望んだのです。

 

私も、脳死になったらすばやく臓器を使って欲しいと思ってます。免許証の裏の臓器提供を見直すと免許更新時に記入を忘れていたことを発見しました。

直ぐに「私は、脳死後及び心臓が停止した死後のいずれでも、移植のために臓器を提供します。」に丸をつけて署名しました。

 

美咲ちゃんの臓器提供で伊代ちゃんの手術が行われることになりました。

伊代ちゃんは「ドナーを待つのは、誰かが亡くなるのを待つということ、それでいいのかな?」と感じていました、しかし最後には提供者のご両親の誰かの役に立ってほしいとの思いを受け入れて手術に進みました。

伊代ちゃんの肝臓と小腸を同時に交換する手術が開始。
肝臓の吻合が終わった後に小腸に進もうとしますがうまく吻合されない・・・・
結果的にはドラマの中での伊代ちゃんの手術は成功しました。

 

手術中に患者は麻酔で眠っているので何もわかりません。手術に向かうというのは覚悟を決めて向かう必要があることを改めて実感させられる手術中の映像でした。

私自身は再度の手術を望んではいませんが、もしあるのであれば、小腸が無くなり人工肛門になる、そして最悪は亡くなってしまうことまでを本気で覚悟して次の手術に向かいたいと思います。

グッド・ドクターの最終回を観て、次回の手術時に後悔しないように今を一生懸命やる覚悟を改めて決めました。

 

おわりに

グッド・ドクター、良い話でした。

入院しているときに観るとお医者さんたちにギャップを感じてしまいそうですが、自分自身が頑張ろうという気持ちになるために活用できます。

ぜひ、入院しているあなたに観て欲しいドラマです。

 

グッド・ドクターまとめと他の回の記事はこちらからどうぞ♬

https://haraita.tokyo/gooddoctormatome/