はらいた日記

酷い下痢と同時に起きる頭痛と体の怠さ/気分が滅入る

朝食の後の気持ち悪さ

朝食を食べている途中で気持ち悪くなってくる時が一週間に一度ぐらいある。吐き気と頭痛がおきて、何も考えたくなり、体全体が気持ち悪くて動きたく無くなる。少しすると腹痛が始まりトイレへ行く。気持ち悪い水様の下痢、トイレに行っても頭が痛くて吐き気がする。

調子の悪い日は辛い

調子の悪い日はこんな感じで朝からトイレに何度も行くことになる。胃腸薬は飲んでも効かないし、身体が重くなり動かないので病人のように寝ていることしかできない。

お腹の調子の悪さが吐き気と頭痛を引き起こしている

消化器官の調子が悪いと、吐き気と頭痛でが発生する。気持ちの悪い下痢が出たら、体が重くて頭痛と吐き気がする。
下痢や腹痛の苦しさは、大腸の狭窄部分を取り去ることで終わったと思っていたのだけれど、残念ながら今度は小腸の調子の悪さで苦しむことになった。
手術後に発生した縫合不良による腸液の漏れや癒着が悪さをしているとは思うけれど、吐き気や身体が重くて動くなっているのは、日常生活を普通におくるうえで妨げになる

気分が滅入る。

しんどくて、気が滅入るけど慣れていくしか無いのだろう。時間が経てば良くなるのだろう。小腸が疲れないようにする対策も考えよう。

-はらいた日記

© 2020 はらいたあおむし