飛行機内でうんちをほんの少し漏らした。ANA機体のトイレは綺麗で拭き取って解決。

2020年1月14日




飛行機内で漏らしたけれど、

ANAのトイレは綺麗で拭き取って解決。

 

ロンドンから羽田に帰る国際線に乗ってました。

今日は朝からお腹の調子が悪く
ほとんど食べていない、吐き気も酷く胃液が上がってくる感じ。

 

空港についてから何故か最悪の行動を取りました。

 

 

飛行機に乗る前にラーメンを食べたのです。
食べると塩っぱくてひどいもの、
食べれたものでは無いと分かりながら、
麺も具も食べたのです。

お腹も減っていたのでしょうけれど、
一口食べて、サッサと退散すればよかったのに、
残さず食べました。

流石にスープを飲むとまずいだろうと、
スープはすべて残しました。

 

 

結果として、最悪の状態に・・・

今回は合計で4便に乗るという強行軍です。
短距離2便、日本への長距離1便、日本国内線1便、
乗り換え時間は1-2時間と短い。

1本目の飛行機に乗る前にひどい下痢に、
2回目の飛行機に乗る前に水下痢に、
2回目の飛行機内でも水下痢、
3回目の日本行きに乗る前に水下痢、

乗り換え時間が1時間以内と短いから
お酒は飲まないと決めていたのに、
まさかの塩気の強いラーメンで苦しむとは。

 

胃腸が日本に帰ることから過敏にもなっていたのでしょう。
また嫌な人達に合わなければならないということで。

 

 

 

最後の極めつけに、
日本行きのANA便で少し漏らしました。

お腹が気持ち悪くて何も食べたくなかったので、
乗ったらすぐに寝たのです。

ぐっすりとは眠れておらず、
何となく寝ている感じです、
眠気が勝っているので寝てる感じ、

無意識に漏らしていないか何度かおしりを触りますが乾いてます。

 

 

そして、

あっと少し出た感じが、
お尻を触ると少し濡れてます。

起き上がり、落ち着いて、靴を履いて、
トイレに向かいました。

漏れた量は少量で、
トランクスもズボンも備え付けのボディシートを5-6枚使って
臭いが無くなるレベルまで綺麗にできました。

 

それにしても、
飛行機でやってしまうとは。

手術後に退院してから半年くらいは、
飛行機に乗る時は大人用のオムツを履いていたのです。
シートベルト着用サインが出ている時にトイレに行けないから。
しかし、漏らすような緊急事態には1度もならなかったので
オムツはやめてました。

安心しきってたのですね。

眠りながら漏らすことも無くなっていましたし。
寝ながらベッドで漏らすことは5回くらいは退院後にあったんです。

今回は、まさに眠りながら無意識に漏らしてしまうパターンでした。

 

オムツは飛行機に乗る時は必要なのかも知れません。

強い意志をもし持っていて、

飛行機に乗る前には
ラーメンやうどんは食べない、
コーヒーも一口だけ、
お酒は飲まない、
と、守れたら良いのですが、

今回のように、
神経が過敏になっていると、
自分を停められません。

やっぱり、大人用のオムツを持ち歩きます。
はらいたですから。

 

ロンドンから6時間離れても
ラーメンを食べてからは既に15時間はたっているのに、
まだまだ水下痢です。
何処まで続くのだろう?

 

最終的には約21時間後に日本に着いて落ち着きました。
胃腸の気持ち悪さも取れてきました。

大腸の殆どない、便が固まらない私には、
まだまだ大人用のおむつが必要なようです。