はらいた日記

何も繋がっていないゴロゴロを連れてトイレに行く

2017年5月12日

何も繋がっていないゴロゴロを連れてトイレに行く

ゴロゴロ

はらいた しんじ

小さい頃からお腹が痛い。大きくなって痔瘻、大腸憩室炎、大腸狭窄と発症。直近は大腸と小腸間の瘻孔で直腸を除いて大腸切除!クローン病認定を貰いステラーラ治療中。 腹痛(はらいた)は不安が作ると想定して、日々不安解消方法を考えてます。

今日は病院から外出して自宅に戻る許可をもらっている
外出のために着替えてから、腹腔ドレーンから出る腸液を貯める袋をジーンズ内に沿って入れて膝下に配置する
さてトイレに行って出発しようかな

点滴やドレーン袋をかけるゴロゴロをトイレに連れて行った

何も繋がっていないから持つ必要ないんだけど・・・・
入院してからは常に点滴のチューブ、又はお腹やお尻に刺したドレーン管が体に刺さっていて、そのチューブに繋がる袋がゴロゴロ(点滴を吊るすスタンド)に繋がっていた
2ヶ月以上もその状態が続くと、動く時はゴロゴロをもつ習慣になっていて、無意識にゴロゴロを連れて歩いた
思考回路の動きが悪くなっている、病院では痛みに耐えて回復すること以外を考えないから

(ゴロゴロ)

20170512

-はらいた日記