【体験記】熊野古道の超初心者向けルート!手軽に散策、はらいたで体調万全でなくても!

熊野古道に行きたいけれど、
体力が無い、体調が万全でない、
そんなあなたへオススメするお手軽入門編です。

体調が万全ではないけれど熊野古道に行きたくて考え実行した旅行記です。

はらいたでも行けました!

退院後1ヶ月です。
まだやせ細っています。
トイレも近くて緊張感たっぷりです。
それでも入院中に何度も頭にうかんだ熊野古道に行ってみたいと。

 

”王子”の意味が一時の休息を与える神社の跡とも知らず、
熊野古道の複雑なルートに何処から入り何処を目指すかもよく分からず、
最後にはとにかく熊野本宮大社を目指せば、
何かが見えるだろうという発想で計画しました。

熊野古道・・・その響きに惹かれて数年、やっと行くことができた

熊野古道はいろいろなルートがあり計画をするにも分かりにくい。
歩く距離や、日数、宿泊場所など選択肢が多くて計画を建てるのが難しく、
これまで行きたいと思いながらも計画を建てきれなかった。

身体の調子が理由で長時間歩くことができなくなった。
熊野古道に今のうちに行かないと行けなくなるかもという恐れを持った。
長時間歩くことが不可なので今まで悩んでいたルートがあっさりと決まった。

熊野本宮大社に向かおうと決めたのだ。
最初はイメージで白浜駅を考えだが、
ネットで「熊野本宮大社行き バス」で検索すると紀伊田辺駅が便利なようだ。
駅前にホテルも有り、バスの乗車時間も90分程度と白浜より30分も短縮される。
紀伊田辺駅を起点にすることに決めた。

熊野古道へ出発!(1日目)

今回の旅は日・月・火の二泊三日、
日曜日と火曜日は移動日で中の一日が熊野古道ツアー、
時間を贅沢に使う旅行です。

新大阪駅から特急くろしお号に乗る

紀伊田辺駅の観光案内所で情報入手

紀伊田辺駅にある観光案内所に入り熊野古道の地図やバスのルートをチェック。
外国人旅行者が数グループ入ってくる。
案内の方は皆英語で対応できるレベルの高さ。
案内所も綺麗だし、さすが世界遺産に登録された熊野古道の入り口の街だ。
街の閑散とした雰囲気と、数グループいる外国の方々が何だかミスマッチに感じる。

ホテルハーベスト南紀田辺到着

天気予報をチェック、明日は晴れのようで一安心。
雨の中を山道を歩くには体力も装備も無いから。

ホテルハーベストの夕食はコースしか頼めない(ひとりだと約5000円〜)、
売店には梅干しと、パンと、カップラーメンくらいしか売ってない。
コンビニは近くにローソンが有るけど歩道がないので車がないと危険で行けない。

しかしメイン通りからホテルに入る場所に
海鮮ファミレス、うどん屋さん、ピザイタリアンが有り、
歩いて5分で行けるのでうどん屋さんで夕食にした。

熊野古道に向けて出発(2日目)

ホテルハーベストからタクシーで南紀田辺駅へ移動。

熊野本宮大社行きの快速バス。
このバスは観光バスなのでシートが二列ずつで楽、
90分間路線バスに乗るのは身体にキツいから。

なかへち美術館前バス停でトイレ休憩、
路線バスだけどトイレ休憩、トイレは屋外公衆便所系、
ウォッシュレット付きの誰でもトイレも有り。

熊野本宮大社で快速バスを降りて路線バスに乗り換えて伏拝口まで

熊野本宮大社で快速バスを降りて路線バスに乗り換えて伏拝口(ふしおがみぐち)まで乗る。

熊野古道を歩く人は発心門王子まで行くようで降りたのは私一人だけだった。

発心門王子まで行くと歩く距離が7Kmと倍近くになるので、長時間歩けない私は中間地点ので降りた。一般的には発心門王子から歩く、観光案内所のお姉さんも発心門王子を勧めてくれた。

降りてどちらに行けばよいのか迷っていると運転手さんが、その坂を登っていけば古道にでるよ、と教えてくれる。いい人である。

舗装路を運転手さんの言う通りに登る、普通の民家のある道路で、ここが熊野古道という感じはゼロ。
民家に無人販売所発見、和歌山らしく梅干し、200円で購入、バスで両替してよかった。

住宅地の道路からの景色

ウグイスが鳴いている、静かな中でとても良く聞こえる、そこに軽自動車が走ってきた。

 

少し歩くとトイレまであと450メーターの看板

またも無人販売所

今度は100円の梅干し購入

バス停から一キロくらい歩いて、本格的な古道に入っていく

 

意外に坂が多くて汗をかく

伏拝茶屋で休憩、シソジュース200円、さっぱりしていて汗をかいた身体に良い
休憩所の建物は真新しく感じられた、トイレも非常に綺麗

 

茶屋を出ると杉の木が鬱蒼と茂っていて、より古道らしくなってきました

けっこうな下り坂です、杖ではキツそう
階段が段差が大きいところが結構ある、足の関節がシッカリと動かないとキツイ場所が多い

 

杉の林の中を歩く普通の日本の山道だなぁ、神聖さを感じられない、昼の明るい時間だからかな

自由人であることを感じる。今の時間、月曜日は多くの人が会社で働いている。だが、俺も働いている、働くという定義が誰かのために何かをすることであるなら、この旅の記録が誰かの役に立てば働いているのだ・・・などとぼんやり考えながら歩く。

下りばかりで結構きつい。膝が痛くなりそうだ。足元を注意して見るので視界がよくない、登りに比べて景色を見れない。

三軒茶屋跡に到着

ここも建物がキレイ。にんにくや梅干しを販売している、さすがに荷物が重くなりそうなので買うのは断念した。トイレはバイオトイレ、最近設置したのだろうか、とても綺麗である

 

あと2.1km、遠く感じる、まだ1.5kmくらいしか歩いてないのか

登りも出てきた

下りが続いて腹筋が疲れてきた

歩いてる途中は過去の判断を覆したいという発想ばかりが脳に出てくる、未来に向かって次は何しようと考えない、聖域を歩いても心は浄化されてこない。

石の下り、怖すぎる、滑りそう。

太ももの筋肉が下りばかりで泣き始めた

やっと舗装路に出た

熊野本宮大社にやっと到着

熊野本宮大社からバス停に向かう道は強烈な下り階段で手すりを持たないと辛い。トボトボと下っていると、私よりも高齢の方々が普通にどんどんと下っていく、私の体調は良くないんだなと変に納得した。

 

熊野本宮大社前の通りのほんぐうカフェでランチをしてバスを待つ。


快速バスに乗って紀伊田辺駅へ向かう、バスの中では疲れから寝てしまった。

おわりに

念願の熊野古道を歩けてほんとに良かった。

聖域だからもっと車でも来れないような場所でジメジメして暗い場所と想像していたけど明るくて車でも来れる場所。想像とは異なり意外に気楽で明るい場所だった(長いルートを歩くと厳しい場所だと思いますが)。

この短いルートでも熊野古道を歩いたという実感をしっかりと得れた。

聖域での心の変化は特になかったが、きっと数日後に現れてくるのだろう・・・・

【二泊三日旅のスケジュール(ご参考に)】

(一日目)
大阪までは飛行機で移動
13:15 JR新大阪駅発(くろしお13号) → 15:22紀伊田辺駅着
16:40 紀伊田辺駅発(ホテルハーベスト送迎バス) → 16:55 ホテルハーベスト着
ホテルハーベスト南紀田辺泊

(二日目)
07:30 ホテル発(タクシー) → 7:45紀伊田辺駅
08:02 紀伊田辺駅発(明光快速バス) → 9:37 熊野本宮大社前着
10:10 熊野本宮大社前(龍神路線バス) → 10:18伏拝口バス亭着
10:10 熊野古道を歩く(伏拝口→伏拝王子→三軒茶屋後→祓殿王子→熊野本宮大社)
13:00 熊野本宮大社着して昼食休憩
14:37 熊野本宮大社前発(明光快速バス)→ 16:10 紀伊田辺駅着
16:40 紀伊田辺駅発(ホテルハーベスト送迎バス)→ 16:55 ホテル着
ホテルハーベスト南紀田辺泊

(三日目)
08:50 ホテルハーベスト発(ホテル送迎バス)→ 9:05 紀伊田辺駅着
09:31 紀伊田辺駅発(くろしお12号)→ 11:50 新大阪駅着
大阪からは飛行機で移動

うんこ漏らした経験!うんこをもらしても平気!!人間の思考の変化の不思議?

ブログランキングにご協力お願いします!

はらいたあおむしは今何位?

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村