コラム

過去から考え始めることで不安をつくる

不安を作るには過去を後悔するところから始めると良い

今、私は二ヶ月を超えて病院に入院している、腸の病気でだ
長期になっているのは手術をして合併症が出て
手術後の経過が順調だった場合の退院予定から半月経過したからだ

毎日考えることは
医者の合併症発生後の判断ミスで辛い思いをしている
手術するとの決断をしなければよかった
病院禁止の食べ物を手術前に食べなければよかった
病院に来なければよかった
病院に早く来ていればよかった
アルコールを飲み過ぎなければよかった
ストレスの高い旅行をしなければよかった
ストレスの高い仕事をしなければよかった
休めばよかった
スポーツと健康に気を使えばよかった
子供の頃に体と精神を鍛えればよかった
不安な神経を強くすればよかった

最後に行き着く先は・・・・生まれてこなければよかった

過去にしてこなかったことにも後悔する
美味しいものを食べておけばよかった(食事をできない状態で今後も制限がある)
周りに優しくしておけばよかった(家族や友人から距離を置いて生活している)
もっと一生懸命に生きておけばよかった(色々なことから逃げて長続きしない)
やりたいことをやっておけばよかった

過去から考えることで未来に向けての行動を考えることはできない
変えることの出来ない過去をずっと考えているわけだから
テレビやユーチューブ、そして雑誌をダラダラと見て気を紛らわすしかできない
医者や看護師も敵にしか見えない
そして不安がスパイラルのように増殖していく

こうして、高度の不安を自分の中につくることが出来る

逆説的に考えると
前向きに生きるには
常に、現状からの対策を考えるしかない
過去の判断や行動を考えないということ
自分自身だけでなく他人のことも含めて過去を考えない
他人のせいにすると他人が悪いから自分が辛いと逃げやすいが、余計に自分が不安になるだけ
自分自身のせいにして判断を反省しても後悔しても結局は何も変わらない

過去は変えられないから
現在、今日、いや、今の瞬間の状況から対応策を考えることしか前向きにはならない
現在からの方向性を考えるしか実際に出来ることはない、過去の状態からの状況の変更はできないから

思考は過去を嘆くことで何を求めているのだろう?
自分自身には不安を作ることにしか役に立たない過去を他人に伝えることで他の人間、また人間全体が同様の判断ミスをしないように本能が過去を振り返るようにできているのだろうか?
過去を振り返ることで人間は発展したから

 

20170430

-コラム

© 2020 はらいたあおむし