点滴をしている時に胃カメラ検査を受けると楽な理由

2017年7月10日




胃カメラ検査を麻酔付きで受けた

胃カメラ検査を受けるために禁食禁飲する
OS-1を起床時にひと口飲んだだけで飴も舐めていなかった
11時に検査開始
開始前に喉の麻酔薬を3分間ガラガラしてくださいと言われる
胃カメラで呼吸困難になった過去が思い出されてくる、同時に口の中が麻酔薬でしびれていた
検査が始まると点滴から麻酔薬を入れてくれた
いつカメラが口から入ってきたか抜けたのか記憶がない
いつもの呼吸困難になる悪夢のような時間はなかった、麻酔を入れてくれたから
胃カメラをする時は麻酔を使えないか聞くことが大事だ
今後は必ず実践する
麻酔をするだけで胃カメラの恐怖はなくなり安心になる

 

心臓付近まで入れる中心整脈カテーテル点滴にすると小便の頻度が下がる

昨日までの静脈点滴よりも中心静脈カテーテルの方がよく眠れた
夜中にトイレ行く回数が減った
右腕の上腕二等筋にカテーテル端部が縫い付けられていて痛みもあるけど眠れた
エルネオパ輸液は濃いと聞いていたけど、濃いと小便に行く頻度が低くなるのかもしれないな

 

食べ物紹介のユーチューブをダラ見する

胃カメラから戻るが眠いので横になっている
喉の麻酔で1時間は水も飲めないし寝転がっていた
その後にダラダラと飴も舐め続けた
見ているユーチューブ番組は鮨の話やグルメ旅の話
脳が食べていなくて食べ物を求めている
点滴が濃くなっても口から食べていないと満足しないのだな
やっと先週以来ぶりに椅子に座って背筋を伸ばした
検査への気分の悪さが解消されたかな

アイスとコーヒーは合わない

最初はナチュロで缶コーヒーの特売品、これはぬるくて失敗
次にナチュロで普通にカップコーヒーをオーダー、これは十分に熱くて美味い
缶コーヒーって持ち運んで飲むためのものでコーヒーの熱さは楽しめないな

アイスとコーヒーは合わない事に気がついた
コーヒーは冷たくなった口の中に入れると味を感じないので美味しくない

アイスとチョコレートも合わない
アイスで冷えきった口の中にチョコを入れると硬くなり溶け出るべき旨味が出ない

チョコレートとコーヒーは合う
お互いに溶け合い美味しさのハーモニーを醸し出す

 

 

20170322

コラム

Posted by haraita