はらいた日記 未分類

食べられないのでレストラン紹介雑誌を読みふける

20170123

6:30
起床、腹痛と共に
早い時間かなあと思って電気をつけたら六時半だった
遮光カーテンを付けたから気が付かなかった、外の明るさに

7:30
ウドンと卵を食べることにして煮込んでいる
食べて腹痛がひどくなれば、また2日の絶食をする

毎日、料理関係の雑誌を図書館から借りて一気に読みふける
脳が食べることしか考えなくなっている
しかしレストラン紹介の雑誌ばかり、料理を作る雑誌や本は借りない
自分では作りたくないようだ

読みふけながら、同時に治ったら立場の不安や状況の不安が出ることを恐れているのを感じる
だから治りにくいのかも
自分が無職でフラフラしていることに対する言い訳が欲しいから
今までと違ってサラリーマン仕事に復帰するわけでもないんだが
逆に、それが不安なのだ

14:34
三田の図書館まで歩いた
調子は良かったが、図書館を出る頃に腹痛が大きくなってきた
ちいバスで帰ってきた

まだまだ、脳は食べ物の雑誌だけを求めている
はやく、食べ物でなくお金を稼ぐことに脳が移行してほしい

16:51
お腹は動かなければ痛くない
動くと少し痛い

お腹が空いた、お米を食べたいと脳が言う
食べるか、うどんは少量だったから
早めに米を食べれるようにしないと
永遠に、料理の雑誌を読み続けてしまう
ネットは疲れるから見ないけどね

19:08
鈍痛は残るが、お腹の調子は良い
しかし脳が変、食べ物の雑誌を読む以外の行動をしない
さっき17時頃に、卵粥をご飯パックの半分で作った
味噌がしょっぱすぎて途中で飽きたけど、今後のためと思い全部食べた
これで、今晩や明日に腹痛が弱いままであれば、食事を開始できる
もちろん、最大の注意が必要だけど

21:22
お腹痛い
タイレノールを飲んだ
さっき、右向きに横になって本を読んだら、左のアバラが痛くて体勢を変えた
その後に寝ながら本を読んでいたらドンドンと痛くなってきた
時間的には朝か昼のおかゆが大腸に到達したぐらい
それにしても、おかゆぐらいで痛くもならないとは思うが

明日はヤクルトを飲もう、乳酸菌を増やそう

ひどくなるようなら最終手段の抗生物質も有るから
なんとかなるだろう

-はらいた日記, 未分類

© 2020 はらいたあおむし